1. TOP
  2. タバコを吸うとハゲる?喫煙と薄毛の関係

タバコを吸うとハゲる?喫煙と薄毛の関係

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 8 Views

よく言われますがタバコはハゲの原因となるのか?

実は喫煙してた時期がありますが、やっぱりハゲました。

ただこれは私自身のAGAが進んでいたことも理由の一つであります。

タバコを吸うから必ずしもハゲる というわけではないのですが、タバコを吸うことでハゲが進行しやすくなるというべきだと思います。

またAGAの男性ホルモンも加齢などからくるものですが、タバコは体を激しく酸化させます、そうなると体の酸化によってAGAが発症しやすくなることもあるので、これも問題。

さらにAGAによって抜けそうな毛、弱った毛もある程度は生えてるもののタバコのニコチンやタールによって毛細血管に血流がいきわたりにくくなり、結果として毛母細胞が髪の毛を作れなくなり、薄毛が進行するというケースもあります。

厳密にいうと毛がよく抜けて生えてこない、つまり通常の発毛のサイクルがおかしくなったというべきでしょうか。

喫煙は少なからず育毛や抜け毛と関係あると考えています。
以下喫煙とハゲの関連です。

喫煙するとハゲる?

喫煙はハゲの原因の一つと言われていますが、その理由の一つとして、
毛細血管の血流を悪くするということが挙げられています。

喫煙するとニコチンが毛細血管を縮めてしまい、血流が悪くなるのです。
血流が悪いということは栄養が毛に入らなくなるので抜けたり、毛根が毛をうまく再生できないということが考えられます。

毛根である毛母細胞は血流から栄養をもらい、毛を作る働きをします。
喫煙によってこれらの毛母細胞に栄養を運ぶことがうまくできなくなると当然毛が今の状態を維持できなくなったり、
新しい毛が生えてきにくくなるので当然ハゲと関係があると考えられます。

喫煙はなかなかやめられるものではないという人もいるので難しいのですが、もし育毛などを考えるのであれば、避けた方がいいでしょう。

また、喫煙はもう一つのハゲの原因を作ります、それはストレスです。
どうしても喫煙するとストレス緩和をするという人が多いのですがそれは間違いです。
喫煙はリラックス効果があると考えられていますが、それは単なる毛細血管が縮まることによる一種の貧血状態なのです。

喫煙をすることでリラックスということではなく、さらに喫煙したいからとストレスを反対にためやすくなるのです。
ストレスとハゲは非常に関係が深いとされています。
ストレスとは精神的なものですがこれが毛細血管などに影響しやすかったりします。
現に極度のストレスにより、毛が生えてこなくなった、円形脱毛症になったという話もよく聞きます。
本来の正常な状態ではないのでこれらのストレスをためる、そしてそれを喫煙でなんとかしようとするというサイクルは避けた方がいいのです。
育毛だけでなくこれらは健康上でもよくないのです。

また、男性にハゲが多いのもこれらのストレスを溜め込みやすい体質であるからとも言われています。

ストレスそのものも育毛にはよくないのでこれも問題ですね。

実はタバコはストレスを緩和するのではなく無意識にストレスを作ったりため込んだりする原因ともいわれています。

ストレスと喫煙は双方が育毛に悪い上に薄毛やハゲる原因となりますのであまり溜め込まない、たばこでストレス発散をしようとしないということが大事と言えます。

\ SNSでシェアしよう! /

フサナリ!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フサナリ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

iinafusafusa

この人が書いた記事  記事一覧

  • 男性ホルモンは薄毛に関係あるのか?

  • 5αリダクターゼ(還元酵素)とDHTは違うの?

  • 海藻類って食べると薄毛対策になるの?

  • 馬油って髪の毛は生えてくるの?薄毛と馬油の関係は?

関連記事

  • ノコギリヤシのサプリってホントに生えてくるの?

  • 秋に抜け毛が増えるのはなぜ?

  • プロペシアの副作用でインポになるってホント?

  • コーヒーはハゲに有効か?カフェインが薄毛のカギ?

  • 亜鉛を飲むと髪の毛が生えてくるってホント?

  • 紫外線は薄毛の原因になる?夏にハゲるのは紫外線が原因?